みなさま「豚の血入りソーセージ」ってご存じですか?

その名の通り、豚肉に豚の血とスパイスなどを混ぜて作るソーセージです。

漫画で読んでからずっと気になってたのですが、なかなか日本では売っていないんですよね。

食べる機会を逃したまま二十数年。先日、偶然祖師谷のエジリオサーラさんで発見!即購入。
フランス料理の「ブーダンノワール」の缶詰だそうです。

こちらが缶詰

調理方法

「薄くスライスしてさっと焼くと美味しいですよ~」と店員さんは言っていたけど、まるっと忘れて缶からフライパンへどーん。
ソーセージから脂が出るので、油は引かず。
ソーセージの周りの脂が溶けてきて、いい香りがしてきました。

いざ、実食!

お皿に盛りフォークで刺してみると、缶詰のコンビーフっぽい手触り。
少しすくって念願のひとくち。
お、美味しい…!肉の繊維がホロホロっと崩れ、たまに柔らかい血の塊のような食感も。
生臭さは全く無く、スパイスの香りがして、お肉の旨味がぎっしりなのにくどくない。

これは…ワインとクラッカーで永遠に食べられるやつ…!
と思ったけど現実は家族であっさり完食。あ~美味しかった。

豚の血入りソーセージ、いろんな国の料理であるようなので、いつか海外で食べてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です